未分類

お肌の衰えを感じている人がまず最初にやるべきこと

投稿日:

私のスキンケアの方法は、とにかく保湿を気をつけています。
風呂上がりに導入液と化粧水をミックスしてそれをコットンに染み込ませてパックしています。
この過程を毎日し、乳液と保湿クリームで終わりです。
この工程をすることにより、翌朝洗顔したときの肌質がもちもちとしていて、美肌になっています。
翌朝のスキンケアは、パックはなしで、導入液、化粧水、保湿クリームで仕上げています。40代後半ですが、若くは見られます。

年齢より若く見える肌作りを目的としています。

何もしなければ肌は硬くなってしまいます。簡単に化粧水をつけるだけの10代とは違い、年齢を重ねると肌が硬いとシワも増えてしまうので乾燥する時期ほど細かなお手入れが必要になると思います。
今したお手入れが何年か後の自分に跳ね返ってくるので、今は大丈夫と手抜きのスキンケアよりも、絶対重要だと思います。
肌がもちもちだと、トラブルも起こりにくく吹出物も滅多に出なくなりました。

キメが整うと化粧のノリも良く、ファンデーションがよれることもなく、メイクもやりやすくなりました。
そして、メイクも脂浮きもあまりせず、いかに基礎化粧が大事かこの何年かで改めて感じている今日この頃です。

おばあちゃんになっても、ハリのある肌を目指してこれからもスキンケアを頑張っていこうと思います。

40代!?子スキンケアは本当に大事です。

現在40代後半ですが、人から年齢をきかれ、大学生の息子がいるというと驚かれます。
昔からニキビが出やすく、大人になってからも吹出物が出やすく、混合肌で鼻の周りやおでこがテカっていました。
このスキンケアをやり始めてから、翌朝の化粧のノリも全然違うし、化粧崩れもしにくいので化粧品の節約にもなっています。
今まで使っていた基礎化粧品を変えるのは勇気がいりましたが、思い切って変えて良かったと思います。
肌の調子が良いと、気分も良く、人に会うときも肌荒れを気にしなくてて良いので気が楽になりました。
スキンケアがいかに大事か、若い頃は気づかなかったけれど、大人になってから気づき、改めてスキンケアの重要性を知りました。

出しやすい場所にスキンケア用品を置いておく

引き出しにしまい込むと、いちいち出して使うのが面倒くさいと思うので、風呂上がりに直ぐに使える場場所や座る横に置いておき、習慣にしてしまうことをオススメします。
継続していくと肌のもちもち感が必ず変わってくるので、三日坊主にならず。せめて1週間はやってほしいと思います。
コットンのパックは、面倒くさい作業ですが、パックしたままテレビをみたり、スマホをみたりできるので、慣れてしまえば簡単だと思います。
コットンが面倒くさければ、手で優しく包み込んで押さえて体温で染み込ませていく方法もあるので、ものは試し、一度やってみる事をオススメします。
一度、モチモチを体験すると、嬉しくて続くと思うので、とにかく一度やってみる事をオススメします。

-未分類

Copyright© スマート節分 , 2019 All Rights Reserved.