未分類

子育て中におすすめの保湿は天然素材のアロエベラ!

投稿日:

子どもが生まれる前までは朝とお風呂があがりにたっぷりとれたスキンケア時間。しかし今はそんな時間がとれません。でも美肌もあきらめたくないそんな要求に答えてくれるのが天然アロエベラのミストです。保湿効果抜群と言われているアロエベラを忙しい合間に顔にシュッと数プッシュ。洗顔後やお風呂上がり後は肌の水分が蒸発しやすいのでたっぷりの保湿成分を肌に与えてあげると乾燥のひどい冬場も肌はしっとりと落ち着くようになりました。敏感肌の方や子どもにも安心して使えるので子どもにも一緒にスプレーしています。アロエベラは肌を鎮静化させる効果もあるので真夏の太陽が強い時期は顔だけじゃなく体にもスプレーします。子育て中はどうしても自分のことは後回しになりがちなのでちょっとの時間でできる保湿は手放せません。

時間勝負のお風呂時間も保湿をあきらめない方法

子どもがまだ小さいのでお風呂に入っている間もあがった後も大忙し。しかも主人が単身赴任中なのでお風呂上がりの子どもを見てもらうこともできません。なので自分のスキンケアはいつも後回しでした。朝も同じです。起床後子どもが寝ているうちに洗顔をしてスキンケアを...と思っているうちにわたしがそばにいないことに気付いた子どもが泣きだしまたスキンケアから遠ざかります。当然ですよね、わたしの肌はどんどん乾燥していきお世辞にも美肌とはいえなくなっていきました。そんな時出会ったのがアロエベラのジェルスプレーです。バスルームと洗面所に置いておきお風呂あがり顔じゅうにまんべんなくスプレーをします。これなら子どもをバスタオルに包んでいる一瞬、しかも片手でできるので苦になりません。子どもに服を着させバスタオルを片づけながら肌についているジェルミストをなじませればいいのです。あとは時間があるときに通常のスキンケアをしますが今までのように全く何もせず時間がたってからスキンケアを始めるのとジェルミストで保湿の応急処置をしておいてから始めるのとでは大きな差があります。時に寝かしつけしながら自分も寝てしまい気付けば朝ということもあるもので。年齢があがるほどに大事にしたい保湿。わたしは子育ての合間にワンプッシュで取り入れています。

スキンケアは継続してこそ結果が現れる

洗顔後スキンケアができないまま過ごしていた時期は写真を撮ることが嫌いでした。老け感がひどかったからです。35才を過ぎて毛穴のひらきやたるみが顕著に表れてきたところにスキンケアも出来ないとなると老けて見えるのも当たり前です。以前は老けることを抵抗しつづけていたのにいざ老けが見えた現実を前にすると頑張ることを放棄してしまうようになりました。現実から目をそらしていたのかやけになっていたのでしょうか。今さらスキンケア頑張っても元には戻らないと思ったのかもしれません。しかしジェルミストを使うようになってから手軽にできることでまたスキンケアというものが身近になりました。また少しうるおいの戻った自分の肌を見るのが嬉しくなり今度は時間をつくって他のスキンケアを試してみたり以前のように肌を気にするようになれました。これからも子どもに手がかかるうちは使い続けようと思っています。

どれだけ時間をかけるかよりも継続するための方法

洗顔後化粧水をつけ、パックシートを15分、その後美容液をつけ、クリームを塗りという行程。とても効果的ですがかなりの時間がとられるのも事実。忙しい中毎日、または一週間に三回ほどでも時間をとれなかったり次第と面倒に感じられていく方も多いと思います。わたしもそうでした。そんなわたしでもかかさず続けられるジェルミスト。すぐ手に届くとろこに置いておき、いつでも使えるようにしておくと面倒さがありません。例えばお風呂あがりに着替えて部屋に戻ってスキンケア、というのが面倒だったりしませんか?でもバスルームのシャンプーなどと一緒にジェルミストを置いておけばバスルームを出る前に保湿ができちゃいます。服を着て歩きながら肌になじませれば保湿は完了しちゃいます。スキンケアは大事なことですが「ついで」だと思えば面倒に感じないのではないかと思いますのでぜひお試しください。

-未分類

Copyright© スマート節分 , 2019 All Rights Reserved.