未分類

こまめな水分補給がお肌に与える効果はなに?乾燥肌に与えるメリットをまとめてみた

投稿日:

私は乾燥肌ですが、朝と夕方1日2回お風呂に入っています。

お風呂に入った後は肌から水分が飛んでいきますが血行促進、皮膚保湿剤を使っています。

このお陰で、日中でも、人から「今風呂上りなの?」と聞かれすときもあります。

若い頃はニキビ肌で肌も凹凸がありましたが、30代になってニキビができない様になってからは上の方法でスキンケアする事で目立たなくなりました。

人よりも水分補給を非常にこまめにしています。
これも体内の水分が枯渇しない様に心掛けています。人からしたら「やたら水、炭酸水を飲みますね。」とよく言われます。

若い頃は美肌とは無縁だと思っていましたが、清潔感を増そうとしている間に肌も良くなってきました。

こまめな水分補給で美肌&清潔感UP

この方法だと保湿剤が一日一回必要なのと、水分補給が頻繁になる。

ただ、お風呂が1日2回なので水光熱費がかかってしまうのがネックではありますが、清潔感がますので好印象につながると思います。

私の場合、炭酸水をよくのみますが、炭酸水を飲むとお腹が膨れるので食事が少なくて済みます。

見た目若さは体重超過であると、どうしてもおじさんおばさんに近づいてしまうので、気を付けています。

日常的に運動をする人としない人とでも差がでますが、
仕事の内容によっても体を使う人と使わない人では差がでますので、仕事の行きで1駅歩く、帰りに1駅歩くなども有効です。

万歩計を持って一日8000歩などの具体的な目標を設定すると励みにもなります。

運動をして汗をかく、そして水分補給をする。体内の老廃物を出して新しい水分を補給する。健康には良いことなかりです。

こまめな水分補給、1日2回お風呂でスキンケアに繋がる

今年私は40歳になりますが、見た目マイナス10歳を目標にしています。

時々会う人からは、あの20代の人

と言われたこともあり、若作りはある程度成功していると思います。

上に述べた方法を実践すれば若々しく見えると思います。

化粧品やコスメに頼ると、スキンケアにコストがかかってしまうのに対し、
この方法は体と健康、すべてにつながるのでトータルリターンとして効果があると思います。

使うコスメは保湿剤のみです。

体の水分量を自分の中で想像して生活する事により、自己管理能力も高まります。

これから夏場になり、熱中症に注意しないといけない時期でもありますので、水分量意識はこれから重要です。

汗が出る時期は汗を拭きとる使い捨て油とりがみ、冷感ティッシュなども用意したいですね。
スキンケアと同様にスメルケア(匂い)も考えて用意しましょう。

お風呂につかるのが面倒ならスマホを持って入ろう。

保湿剤以外の鏡を前にしてのケアはほぼありません。

スキンケアにかける時間は非常にすくなくてすみます。
スキンケアに興味がある人は、美肌効果、綺麗でありたい、美しくありたい。

そういう気持ちがあると思います。

洗髪、洗顔、洗体は
1日2回のお風呂もどちらか1回だけですませればいいです。

2回入るのは面倒ですが体を洗うのは夕方にしよう、などそこは気分で決めてしまってもよいです。
お風呂につかるのが面倒な人はシャワーだけでもよいでしょう。

お風呂に長くつかるのが面倒、退屈な人は水濡れに問題のないCDプレイヤーを用意するか、スマホをビニール袋に入れてお風呂に入ってぬれないようにして、音楽を聴くなり、勉強するなり同時進行で好きなことをすればゆっくりできると思います。

-未分類

Copyright© スマート節分 , 2019 All Rights Reserved.